ゴルフ会員権の売買|購入・売却・相場情報|ケージープランニング

ゴルフ会員権の売買|購入・売却のご相談|TEL 046-278-6363

ゴルフ会員権トップ > 神奈川県ゴルフ会員権相場 > 葉山国際カンツリー倶楽部

葉山国際カンツリー倶楽部

会員権ニュース

葉山国際カンツリー倶楽部 コース概要

所在地 神奈川県三浦郡葉山町木古庭1043-1
TEL 046-878-8111
加盟団体 JGA・KGA
開場日 昭和38年7月26日
ホール数 36H 12,817Y PAR143
レート 69.7(ダイヤモンド)
特徴 山岳コース
コース設計 赤星 四郎 / 安田 幸吉
練習場 なし

葉山国際カンツリー倶楽部 経営会社

所在地 東京都品川区東品川4-9-26 MK東品川ビル
TEL 03-3474-8111
会社名 株式会社三和
代表者名 片岡 雅敦

葉山国際カンツリー倶楽部 ゴルフ会員権

正会員 平日会員(土可) 平日会員(土不可)
会員数 2,223名 2,008名
名義書換料 350,000円 250,000円
預託金 3,000,000円 2,000,000円
年会費 55,000円 50,000円

年会費期間

入会条件

女性入会:女性名義から    外国籍入会:条件を満たしていれば入会可

譲渡書類

入会書類

入会手続

書換書類一式を東京本社宛に送付 → 書類審査を実施(審査期間は約10日間) → 書類審査通過後にクラブハウスにて理事・支配人との面談を実施 → 面談終了後に入会承認の連絡をし名義書換料・追加預託金請求書を発送 → 名義書換料と追加預託金の合算額を振込 → 入金確認後に名義書換処理・旧証券の預り証を発送(この預り証でメンバープレーが可) → クラブカード・バッグ札・新証券は完成後に適宜発送

【理事会】月1回

葉山国際カンツリー倶楽部 アクセス

自動車 横浜横須賀道路:逗子ICから5km
電車 JR横須賀線:逗子駅下車
クラブバス 逗子駅東口 クラブバス乗り場から運行

葉山国際カンツリー倶楽部 小谷のひとり言

葉山国際カンツリー倶楽部
名義変更料の減額キャンペーンを行っているので売り物が少なくなってきています。 キャンペーンではなく、この金額でこれから先も行っていただきたいもの。 入会預託金の減額も視野に入れていただきたいものです。 この地域にはコースが無いので、もっと人気になっても不思議はないと思います。

2019.10.04

葉山国際カンツリー倶楽部
平成18年10月23日、会員権組合を懇親会に招待して頂き、プレーをしてきました。
当日は雨と風で最悪のコンディションでしたが、視察にはもってこいの日でした。というのは、雨の時は、水ハケの状態が分かるからです。
前日より降り続いていた雨で、ある程度のカジュアル部分は仕方ないが、葉山国際の内容は充分普及点が付けられる状態でした。水ハケはある程度良いと判断しました。
他に気がついたことは、ティーグランドの「ベアグランド」。
その点をお聞きしたところ、陰陽性が多いところは高麗芝に張り替えるとの事で、何ホールかは、その修復が済んでおり、その事は解消に向かうと思います。メンテも良く楽しみです。
あとはどうしても解消できない「霧」である。
これは仕方ない!晴れの時は最高のオーシャンビュー?があるので・・・
この倶楽部の売りの一つに、昼休みの時間を40分と決められているのがある。この時間ぐらいが一番ベストであろう。
食事も、美味しい。少し高いがこれぐらいなら私はOK!
あとは、やはり入会時の預託金が相場の上値を押さえていると思います。

2006.10.24

葉山国際カンツリー倶楽部
6月18日、20年ぶりにお邪魔し、ダイアモンドコースをメイングリーンにてプレーしてきました。コースのメンテナンスはそこそこでしたが、グリーンにカタビラが目立っていて残念でした。
グリーンも結構重く、打てない入らない状態。
ティーグランドは、高麗芝への張替え中で、内容はどんどん良くなって行くと思います。
このコースは法面が多い為、その法面の手入れが重要。法面も芝を出来るだけ養生していくようである。メインはペンクロス、サブはL93のベント種を使っている。
私が思うところ、一つをニューベントのグリーンにしたら、より一層ハード面も充実すると思うのですが・・・
時期によっては「ガスる」時があり、今回も残り5ホールは何も見えず状態でプレーをしました。
ただ夏場は2,3度の気温差があるようで涼しくプレーが出来るようです。
食事も和・洋・中の各担当シェフをおき、なかなかでした。
駐車場もビルトインであり、これからの時期は車を開けて「モァー」がないのも嬉しい!
全体的に「入会時の預託金」があるので踏み切れないところがあるが、接客などはとても良く気持ちよくクラブライフが送れそうであった。

2006.06.21

次へ

ページのトップへ戻る