太平洋クラブ|ゴルフ会員権情報

ゴルフ会員権相場情報・売買ならケージープランニング
ゴルフ会員権相場・売買のお問合せは 046-278-6363へ。

ゴルフ会員権TOP > 共通ゴルフ会員権相場 > 太平洋クラブ

太平洋クラブ

太平洋クラブ ゴルフ会員権相場 >>
太平洋クラブ ゴルフ場コ-ス写真 >>
太平洋クラブ
事務所所在地 東京都港区浜松町1-31 文化放送メディアプラス6F TEL 03-6430-2039
会社概要
会社名 株式会社太平洋クラブ 資本金
代表者 韓 俊 加盟団体 KGA加盟(御殿場・御殿場ウェスト)
会員権内容 預託金制 会員名簿 未発行
太平洋クラブ ゴルフ会員権
会員権種類 正会員 平日会員(土可) 平日会員(土不可)
会員数 14,541名
名義書換料
停止中
預託金
/
年会費
36,000円
税金 名義書換料、年会費は税別表示です (別途、消費税が必要です)
年会費〆切 4月〜3月 継承可
入会条件 女性入会:可     外国籍入会:可

  • 1年以内に5回以上のプレー履歴のある会員1名の推薦保証
  • 上記推薦保証人が得られない場合は、理事もしくは分科委員1名の推薦があれば可
備考
  • 平成29年3月6日〜平成29年9月30日、期間限定で名義書換再開。(正)150万円(税別)。
  • 平成26年7月1日〜平成26年11月30日、期間限定で名義書換再開。(正)150万円(税別)。
  • 平成26年3月、更正手続終結。
  • 平成25年8月30日まで名義書換受付期間を延長。
  • 平成25年5月22日より入会条件一部変更。外国籍以外からの名義変更も可。
  • 平成25年5月、(株)マルハンとスポンサー契約締結。
  • 平成25年4月1日〜平成25年7月31日まで名義書換継続及び名義書換料改定。(正)78.75万円 → 105万円。
  • 平成24年11月1日〜平成25年3月31日まで期間限定で名義書換再開。(正)157.5万円 → 78.75万円。
  • 平成24年10月3日、再生手続廃止決定。
  • 平成24年9月28日、債権者、会社更生手続を申請。
  • 平成24年1月23日、経営会社の(株)太平洋クラブが民事再生法の適用を申請。名義書換は停止。
  • 平成23年4月14日、御殿場コースと御殿場ウエストがKGA加盟。
  • 平成19年6月より東急不動産系列のゴルフ場(19コース)と相互利用開始。
  • 平成17年12月1日より正会員の入会預託金300万円廃止。
  • 利用コース
    1.御殿場 2.御殿場ウェスト 3.成田 4.市原 5.相模 6.高崎 7.益子 8.美野里 9.六甲 10.有馬 11.宝塚 12.軽井沢リゾート 13.白河リゾート 14.札幌 15.江南
小谷のひとり言
評価:
【太平洋クラブ】
10月31日、会社更生手続き中の太平洋クラブ外5社に東京地裁より許可決定が出た。
これにより太平洋クラブは(株)マルハン社の傘下で運営を行うことになります。
会員は@退会、A10%を再預託した会員として継続、B無額面のプレー権会員として継続 の3案から選ぶ事になります。
会員主体のゴルフ場としての運営を期待します。
 2013.11.07

【太平洋クラブ】
スポンサーが正式に(株)マルハン社に決った。
雑誌のインタビュー記事で、会員募集の話が載っていたが、その後の対応で募集をするにしても「太平洋アソシエイツ」の募集を若干名するような感じの事を言われていた。
例えば、太平洋クラブを新規に会員募集すれば、フラッグシップコースの「御殿場」コースに予約が集中していくのは目に見えていることで、その御殿場コースが利用できない「太平洋アソシエイツ」であれば問題なのではないかというもののようです。
ただ救済条件には募集の項目は無かったようにお見受けしたので、出来たら募集は当分の間行わない方がベストではないでしょうか。
募集をされるのであれば「名義変更料」を限定で50万円程度にして、再開される方がよろしいかと思います。
一時は書換により混雑すると思いますが10年サイクルでその混雑も収まってくるのが実情なので…。
後はなるべく会員に優しいクラブ運営を期待したいものです
2013.06.03

【太平洋クラブ】
第一次入札のスポンサー候補3社が決定した。
マルハン社とPGM社の2社は公表されていたが、もう一社がなんとあのアコーディア・ゴルフを売却したゴールドマンサックス社でした。
業界紙のゴルフ特信の内容から、PGM社は金銭のつり上げには同調しない方針、マルハン社とGS社の競り合いになりそうとの観測で、会員にはあまり嬉しくない情報のようです。
アコーディアゴルフを敬遠した経緯から、その会社の以前の親会社であるGS社が名乗りを上げたのだから不安が募る。
以前、東千葉CCのスポンサー候補を決定する時に半数以上の会員は、配当金銭の有利なスポンサーを選択しない決定を出し現在のOGMになった。倶楽部の内容は随分と良くなっていると私は思います。
太平洋クラブも良く考え、配当金銭の高低ではなく会員に一番良いクラブライフを送れるスポンサー候補を、会員の決議で決定してもらいたい。
会員の判断に期待したい。
2013.02.19

【太平洋クラブ】
平成24年10月3日、東京地裁での債権者集会にて、賛成票3,634票、反対票6,866票と約倍の差で会社案が否決されました。
これにより、会社案のアコーディアゴルフをスポンサーとする案は否決され、新たに管財人の下に会社更生法での公平公正ガラス張りのスポンサー選定に入ると思います。
やはり今の会員制ゴルフ倶楽部の皆様は良く見てらっしゃる。
これからは、会員の皆さんがある程度の資金の出資をされて、本当の意味での「会員の為の会員のクラブ」を創られるか、会員優先利用に理解のあるスポンサーを選択されるのかは、会員皆様の決によって進んでいきます。
頑張っていただきたい。
2012.10.04

【太平洋クラブ】
7月2日に再生計画案が東京地裁に提出された。
内容はスポンサー型の再生で弁済率は約7%の予定。
会員は
 1. 現預託金の7%の内一律20万円を再預託し残りの弁済を受けて継続。
 2. 7%の弁済を受けて譲渡不可の1代限りの会員権へ切り替えして継続。
 3. 7%の弁済を受けて退会。
パーソナルとアソシエイツの無額面の会員は1代限りで変わりがないようです。
会員への書類送付は7月20日ぐらいのようである。
2012.07.10

【太平洋クラブ】
今月の4月21日より新しいタイプの会員権を発売募集する。
内容的には、前回に発売募集したパーソナルとコーポレートに比べれば、購入する会員側には有利になると思われます。
ただ、総会員は間違いなく増える事であり、現状人気コースの土日の予約は、さらに混み合うと思います。
ちょっと発売する意図が解りかねます。
購入側は、少し無理しても「預託金」のある会員権を買われた方がよろしいと思います。
2008.04.10

平和相銀から住友銀行系列に移り経営も安定。御殿場ウェストと成田コースを買収して国内12コースと提携3コースが利用できる共用券である。ただ、人気のあるコースに予約が殺到するのが悩みの種である。しかし、上記2コースを買収してから多少緩和された。JGA加盟していないのも疑問の残るところ…。
2001.06.--



※太平洋クラブのゴルフ会員権情報につき、最新情報を提供するよう心掛けておりますが、不備がある場合もございます。
ご不明な点は弊社までお問合せ下さい。TEL 046-278-6363

ゴルフ会員権TOPゴルフ会員権相場ゴルフ会員権ニュースゴルフ会員権とはお取引までの流れ募集コース案内会社概要
LINKサイトマップお問い合せフォームEメール個人情報保護方針|関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟